Topics Way to the KAPPA Theatre





まえおき Introduction

最新の日記 Current Diary

2000.1.31 何とも言えず。やはり環境に影響するね(憶測)。

 東京から帰ってきました。今回はやたら楽な出張だったなあ・・・。納品したプログラムが一発で何のトラブルもなく動いてくれたんで、僕自身が一番びっくり(オイ)。
 おかげで時間も取ることができ、秋葉原で念願のKappaでの5.1ch環境を体験してきました。
 お邪魔したのは万世橋の近くにあるテレオン2号館。ここではKappa80をメインスピーカに、全てKappaで7.1chセッティングがされてました。リヤは吊り下げではなく、床置きで100cm程度の高さ、アンプもデンオン、ヤマハの高級機でセッティング。ソフトは「グラディエーター」と、図らずオーディオショップイセさんでの環境とほぼ同じ。これはナイス。
 で・・・結果はというと。
 正直いうと大満足というわけにはいきませんでした。全体的な音は予想していた通りの上品なテイストで、嫌味がなく耳に優しい感じです。ウーファーとの繋がりも良く、低音の広がりが心地よく感じました。
  ただ効果音、特に闘技場での戦車との戦闘シーン・・・女性戦士が放つ弓矢の弦と飛んでいく矢の音が、イセさんのPMC FB-1が小気味良くリアチャンネルに抜けていたのに対し、こちらは明瞭には聞き取れません。セリフも何か引っ込んだ感じで、息づかいのような細かな色がなかったような気がします。
 原因は環境でしょうか。イセさんは完全なシアタールームですが、こちらはフロアの中心にコーナーが設けられており、細かなスピーカー&音場セッティングが難しいような気がします。
 もちろんスピーカーの特性にも大きな差があるとは思いますが・・・。
 印象としては(推測ですが)、Kappaでの構成はソースによって得手不得手がはっきりする気がします。
 ホームシアターはセッティングと調整が命!と言われるように、これからの大きな課題になりそうです・・・と絵に描いたモチのようなコトを言ってみたり。
 実はこの日、青山のホームシアター・ギャラリーにも言ったのですが、この話はまた今度。


2000.1.28 まずは納得!

 土曜日はあいにくの雨。まあ良い方に考えれば、人出も少なくて空いてるかな。
 昨日、試聴できるいい場所はないかとInfinityの販売元のデノンラボ(デンオン)に問い合わせたところ、親切に色々教えていただけました。お勧めで訪ねたのは日本橋の「シマムセン」さんです。場所は有名な「河口無線」の隣。僕は日本橋にはPC関連でしか行かなかったので、他のショップはあんまり知りません(ジョーシン日本橋1ばん館ぐらい?)。
 試聴したのはKappaの80と90です。アンプはアキュフェーズと、完全なピュアオーディオでのセッティングですが、スピーカーの方向性を見るにはいいのかも。
 印象は・・・すごい素直で、しつこくないな音だなあ、と。長く聴きつづけられる感じがします。 
 特に高域のキレと低域の広がりが素晴らしいです。オーケストラやアコースティックな音楽にはすごく向いてるような気がしました。やはり80に比べると、90の方が全体的な表現力は上ですね・・・でもサイズや駆動するアンプのことを考えると、80がベストチョイスかも。
 問題は映画のような効果音やセリフのような音が、どんな感じなんだろうということ。
 来週、東京に出張するので、出来れば今度は秋葉原で5.1chでの試聴をしてみたいです。


2000.1.26 こりはビックリ!

 今日、何気なくInternetに接続してて、お目当てのスピーカー「Kappa」で検索したら、これはビックリ!「あ々河童庵」というKappaですでに5.1chホームシアターを構築されている方のサイトを発見。「Kappa=河童」なんていうネーミングをする人は他にはいないと思っていたが・・・世界は広いです。ちょっぴりショックのような、うれしいような・・・。
 さっそくメールを送ったところ丁寧なご返事とアドバイスまでいただきました。
  嗚呼、偉大なりインターネット。
 今のモデルのKappaとは趣は異なるかもしれませんが、スゴク参考になりました。
 いつか河童愛好会を作れると嬉しいなあ。
 実は明日、大阪日本橋にKappa80/90の試聴に行ってくる予定です。さすがに5.1chでの試聴は無理なようですが、お気に入りのクラナドのCDを持って、じっくり聴いて来ます。
 好みの音だといいんだけど。
 ついでに「ストリート・オブ・ファイヤー」のLDも探してこよっと。


2000.1.23 家具の選定って難しい。

 週末、大阪枚方にある家具団地に行ってきました。ココは大きな家具屋さんの商店街ってな感じで、いわば家具の日本橋みたいなもんです。最近はちょっと景気も良くないようですが。
 というのも、今度考えている新シアターはリビング(14畳)に設置しようと思っているんですが、スペースの有効利用のために、出来るだけ機器+モニター+αを設置できる大きなラックが欲しいんです。プロジェクターを使うときにはそのラックの前にスクリーンを降ろす・・・みたいな事を考えています。そういうスクリーン一体型ラック(TVボード)って、一応あるんですが高いです!大塚家具から出ているようなのは40万弱しますし・・・。
 で代用品がないかなと思い出かけた訳ですが・・・。
 ないです(キッパリ)。近いものはありますが、問題として

 1.センタースピーカを設置するスペースが必要(モニター下、高さ300mm程度)
 2.機器が最低4台置けること(ただし降ろすスクリーンにかからないこと>リモコン対策)
 3.相応の強度があること

 これを満たしてくれるラックには巡り合えませんでした(ToT)
 まだ時間はあります。しばらく探しつづけないとダメなようです。


2000.1.19 3管の実力・・・でも液プロしか買えないです。

 そうそう、絵のことを書くのを忘れてました。
 絵も2機種とも見せてもらいました。凄いです、3管は。今まで購入対象にないこともあって、あまり真剣には見ていませんでしたが、10HTとの差は歴然です。明るいシーンでの色表現は昔の液プロとは比較にならないほど綺麗で、充分だとは思いますが、暗いシーンでの黒浮きが気になります。黒みがかかった諧調がつぶれてしまいます。調整をしてもなかなか難しいものがありますね。あとは部屋の暗黒化、スクリーンの選択と、投射距離との兼ね合いでしょうか。ここらへんが液プロの永遠の課題ですね。DLPに期待したいです。
 こちらにあったのは(たしか)マリブの100インチでした。白がむっちゃ綺麗でしたよ。


2000.1.19 ヤマハの極意は7.1chにあり?

 僕の住んでいる京都には近隣にはあまりホームシアターのプロショップがありません。知っているのは寺町のヒエンドー、タニヤマムセン、ジョーシン1ばん館ぐらいです。
 この間Hi-Vi別冊の「ホームシアター」を読んでいると、滋賀県草津市に「オーディオショップ イセ」というお店を見つけました。早速行ってみましたよ。
 草津駅のすぐ近くにあるこのお店ですが、1Fはソニーショップで、2Fに本格的なオーディオ専門のフロアがあります。落ち着いていてイイ感じです。
 シアタールームには三菱の3管LVP−2001と、ソニーの液プロVPL−VW10HTが常設されています。システムはヤマハのAX1を中心にPMCのスピーカー7.1chのサラウンド構成になっています。
 視聴したのは「グラディエーター」「プライベート・ライアン」です。どちらも素晴らしい音響ですが、驚いたのは通常の5.1chにフロント・エフェクトを加えた7.1chの実力。高さのある包囲感とスケールが素晴らしいです。僕の今のシステムはヤマハのR795での5.1chですが、スピーカの存在感がなくなる音場には驚きです。もちろんそれにはセッティングの妙があるんでしょうが・・・。
 この日、店長の中野さんに直々にいろいろとお話を聞けました。・・・やはりKappaでの構成にはあまり・・・という感じでした。ああ、気持ちが揺らいでいく〜。
 ちなみにオーディオショップ イセさんのサイトはこちらです。


2000.1.18 プロジェクターほしい・・・
 ホントは日記みたいなのって苦手なんだけど、これも経験かな。
 まあ、引越しする6月までは、まだ先があるんでコツコツとやっていきたいです。
 ヤマハからDLPプロジェクターが発表になりましたね。DLPってのは液晶に対抗する新方式のプロジェクターですが、期待していたけど88万じゃあねえ・・・。液プロも30万を切る高性能機が出れば、もっと市場が活性化すると思うんですが、まだ普及には至りませんね。
 個人的にはサンヨーのLP−A7が見た感じも好感が持てる絵で、コスト・パフォーマンスが高いなあと思っています。
 プロジェクターの検討には黄色いイルカさんのProjector Worldがむっちゃ参考になります。
= MENU =
[ Catchcopy DB ]
[ Topics ]
 

Copyright © 2000-2005 PrimeFellows All Rights Reserved.